トップライトのある家


 

所 在 地    松江市

建 築 主    個人

規模・構造   RC造一部木造 3階建

 

 

 

 

 

以前設計した住宅(母屋)の後に母屋の離屋として新たに建設した家です。
母屋との繋がりを持たせるため、玄関アプローチ部分をひと続きにし、 行き来がしやすいようになりました。
また、 隣地の遮音・視線を遮断するため北側の窓は最小限にし、かわりに屋根を傾け、トップライトから十分な太陽光を取り込めるようにしました。この斜めの屋根の形が、そのまま特徴のある外観をつくり出しています。