隠岐の島町立磯小学校
指名プロポーザル最優秀

 

 

所 在 地    隠岐郡隠岐の島町

建 築 主    隠岐の島町

施    工    建築(校舎・外構)

           金田建設・吉崎工務店JV

             (屋体)

           山本工務店

          電気(校舎) 赤沼電工

             (屋体) 中電工

          機械     野村水道工業所

延床面積     3,774㎡

規模・構造   RC造一部S造 2階建

竣    工    2007年    

 

 隠岐の島の西郷湾に面した緩やかな丘陵地を造成して建設された、小規模な3校の統合小学校。
プロポーザルでは、海面から丘の中腹までを5つのステージに分けて捉え、形を計画した。
 実際にプロポーザルの提案通りに造成されたが、起伏に富んだ広い場所を、元気な児童たちが喜々として走りまわる姿を想像しながら楽しく設計したのを思い出す。海を見下ろすなだらかな「草の原っぱ」や、背後の森と一体となった学校をイメージし、児童の安全に配慮しながらも学校用地との境は曖昧にしてある。
また、森の中の湧水をスロープに引き、ビオトープの水路や池も設けた。構造はRC造だが、内部は木造校舎のように仕上げているのが特徴である。使用している木材は、ほとんどが隠岐の木で、建築主である隠岐の島町が森林組合から地元産の木を購入し、
施工者に支給する形で実現した。